TotalFileGuard ―ファイルの自動暗号化で情報セキュリティ対策 ■仕様

 

仕様

対応アプリケーション

暗号化には約100種類のアプリケーションに対応しています。下記以外にもございます。
Standard版はこの二項目のみ対応しています。

一般オフィス系

Office KINGSOFT WPS OpenOffice WordPad
Acrobat Reader UltraEdit Notepad Visio

エンジニアリング技術系

CATIA V5 Inventor AutoCAD Pro/ENGINEER
MicroStation NX CADmeister Mastercam
TOPsolid SmarTeam SolidWorks eDrawings
XVL Studio JT2Go ACAD-DENKI Rhinoceros

デザイン・アート系

Photoshop Illustrator Google SketchUp Photo Editor

(各社名、ブランド名及び製品名は、各所有者の商標または登録商標です。)

  1. アプリケーション用暗号化モジュール(igr)の著作権はSecward Japan Corp.に帰属します。
  2. ご提供する暗号化モジュール(igr)はお客様の環境、運用によって改良を要する可能性があります。
  3. ご提供する暗号化モジュール(igr)はお客様の環境、運用によって機能しないこともございます。
    1. 構成図

      TotalFileGuardの構成図

      ※クリックすると画像が拡大します

      推奨スペック

      TotalFileGuardサーバ推奨スペック

      クライアント数 100 500 1500
      CPU Core 2 Quad*1 Core 2 Quad*1 Core 2 Quad*2
      RAM 2GB 4GB 4GB
      HDD 50GB Free Space 150GB Free Space 500GB Free Space
      OS Windows Server 2003(R2)、Windows Server 2008(ENT)
      1. USBポートが1つ必要になります。
      2. データベースはTotalFileGuardサーバに内蔵されています。
      3. 万が一の場合に備えてバックアップサーバをご用意することをお勧めします。 (バックアップサーバのスペックも同上になります)
        1. TotalFileGuardクライアント推奨スペック

          CPU Pentium4 以上
          RAM 1GMB 以上
          HDD インストール時100MB以上
          OS Windows XP SP3, Windows7

          ※あらかじめPCへインストールされているソフトウェアの種類により上記スペックは変動します。

          このページのトップへもどる